セクシーボディには筋トレや女性ホルモンがカギ。ビタミンB6やEを摂取しよう。

セクシーボディには筋トレや女性ホルモンがカギ。ビタミンB6やEを摂取しよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

思わず触りたくなるようなバストやヒップ、それを強調するキュッと引き締まったウエストを手に入れたい、と思っている人は多いはず。くびれがあることで、女性らしいカービーなメリハリボディに近づけます。セクシーボディを作り上げるには適度な筋肉だけでなく、女性ホルモンも重要です。

ここでは、セクシーボディを作るためのケア法や女性ホルモンを高める方法を紹介。男性を惹きつけるだけでなく、女性からも羨ましがられるようなセクシーな雰囲気を漂わせましょう。

セクシーボディを作る筋トレ方法

引き締まった体には、筋肉が大切。とくにインナーマッスルを鍛えることで、太りにくい体質になることができます。

お腹まわり、ウエストには腹式呼吸

お腹周りは、内臓脂肪のつきやすい場所。腹式呼吸で、インナーマッスル(内側にある筋肉)の腹横筋、多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群を鍛えることにより、基礎代謝アップにつながります。

腹式呼吸は、息を吸うときにお腹が膨らみ、吐くときに凹むのが基本の呼吸法。腹式呼吸ができているか分からない人は、1度仰向けになって呼吸をしてみましょう。お腹の上に手を置いて、動きを実感できれば大丈夫です。

腹式呼吸では自然と深い呼吸ができるようになり、副交感神経が優位になるのでリラックス状態に。横隔膜が動くことで、内臓を巡る血行が良くなる効果も期待できます。

ヒップアップにはスクワット

仕事中は座りっぱなしでお尻が下がってきた、という人もいるはず。筋トレとしてはスクワットがヒップアップに効果的。30日スクワットチャレンジは海外で人気となり、日本でも挑戦する人が多くいます。スクワットを初日50回からスタートさせて、毎日少しづつ回数を増やしていき、30日目にはスクワットを250回おこなうというハードな筋トレです。短期間ですが、効果を求めたい人にピッタリ。

  • 足を肩幅より広めに開き、ひざとつま先を軽く外へ向けてください。
  • 目線はまっすぐ前に、低いイスに座るイメージで、腰を落とします。
  • ゆっくりと元の姿勢に戻ってください。
  • 最初は、1セット15回を目安に3セットおこないましょう。

腰を落としたとき、膝がつま先よりも前に出ないように注意するのがポイント。背中が丸まっていると腰に負担がかかってしまい、怪我の原因になります。目線を前に向けることで、正しい姿勢を維持しやすいです。

スクワットはヒップアップ以外にも、ウエスト引き締めに有効

スクワット15回と腹筋100回は、同じくらいの運動効果があると言われています。スクワットは下半身の筋肉強化に効率良い方法です。大臀筋、大腿四頭筋という全身の筋肉の中でも大きな筋肉は下半身にあります。それらの筋肉をスクワットで鍛えることによって、ウエスト引き締め効果、太もも引き締め効果、ヒップアップ効果を期待できるのです。

女性ホルモンを高めて、セクシーボディを手に入れよう

女性ホルモンは2種類に分けられ、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。卵巣から分泌され、一定のリズムがあるのが特徴です。

女性らしい体作りに欠かせない女性ホルモン。とくにエストロゲンは、丸みのある女性らしい体を作り、ツヤ・張りのある肌を維持してくれます。さらに、骨粗鬆症と言った生活習慣病から身を守ってくれる働きも。有効な食品やツボをおさえて、早速女性ホルモンの分泌を促進しましょう。

ビタミンB6やEを摂取しよう

女性ホルモンを高める食品として、豆乳を思い浮かべる人もいるはず。しかし、全ての人に豆乳が有効であるとは限りません。女性ホルモンに似た働きをするエクオールを作り出す腸内細菌を、日本人は約50%しか持っていないと言われているからです。

そこでおすすめの栄養素は、エストロゲンの代謝に必要なビタミンB6、分泌を活性化するボロン、卵巣の機能維持に役立つビタミンEの3つ。

ビタミンB6はマグロや卵、バナナ、ボロンはキャベツやリンゴ、ビタミンEはアボガドやアーモンド、オリーブオイルに多く含まれています。これらを積極的にバランスよく摂取しましょう。

女性ホルモンの分泌を高めるツボ、胸郷(きょうきょう)

胸郷は乳腺を発達させるツボとして知られています。女性ホルモンの分泌にも有効で、胸痛やぜんそくなどの症状を緩和する効果も。場所は、直立姿勢で脇の下のシワから内側に向かって3cmぐらいの部分です。

人差し指と中指をそろえて胸郷のツボを押しましょう。深呼吸をしながら息を吐くタイミングで押して、吐ききったら息を吸いながら元の状態に戻ってください。ツボ押しの目安は10~20回です。

関連する記事

リラックス効果のある音楽で安眠!選曲や安眠のコツを紹介

日々、なかなか寝付けないという方も少なくないのでは...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

なで肩を改善するためにできることとは?ストレッチやトレーニングをしよう。

なで肩は、大きな支障があるわけではないものの、スタ...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

お腹が張る原因とは?運動不足や姿勢の悪さも影響。

「お腹が張ってスッキリしない」と悩む人は多いはず。...

2019年07月18日, ボディーケア&治療