足首のコリを解消するには、足首回しで血流を促進させよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

人体は200個以上の骨が下から積み上げられている構造で、足首はその土台となっています。歩行などの動作は足首が起点となっており、足首が曲がったり伸びたりすることで全身のバランスを取ることが可能です。

起きている間休みなく働いているので疲れが溜まりやすく、コリが生じやすい部位でもあります。足首を柔らかくほぐすことで筋肉のハリが解消され、体の機能が正常化する効果も。

足首にコリが生じる原因は、疲労

足首にコリが生じる主な原因は、筋肉が固まってしまっていること。立っている状態では全体重が足首にかかっています。歩いたり走ったりするときは、足首が体重を支えながら重心移動をサポート。起きている間は常に使っているので、疲労が溜まりやすい部位です。

また、姿勢が悪いと余計な負担がかかり、凝り固まってしまいます。姿勢を良くすることで、余計な負担を減らすことが可能です。

足首のコリをほぐすには、血流促進がカギ

足首のコリは筋肉が硬くなって、血流がうまく循環していないことが要因。血流を促進させることがコリ解消のポイントとなります。

足首に血が巡り始めると周辺の筋肉もほぐれ、全身の血流が良くなって細胞も活性化。筋肉が動くことで熱が発生し、ダイエット効果を高めるうえでも有効です。

足首を回す

足首が凝っているときは、足首を回すことでコリにアプローチし、血流を改善させましょう。入浴しながらの足首回しも血流促進に有効です。

まず、イスに座った状態で右足を左の太ももに乗せ、片足だけあぐらを組みます。右手の親指と人差し指で右足首をはさみ、左手は右足の指の間に奥までグッと握ってください。

1周15秒以上かけて、ゆっくりとダイナミックに足首を3回転させましょう。反対向きにも3回転させたら、左足も同様におこなってください。1日3~5分が目安となります。

つま先立ちをする

血流をうまく巡らせるには、足首につながる筋肉を強化することも大切です。ふくらはぎの筋肉はアキレス腱ともつながっており、「第2の心臓」とも呼ばれる重要な部位。運動不足で衰えがちな、ふくらはぎの筋肉を鍛えることで血の巡りが良くなります。

強化するには、つま先立ちがトレーニングとして有効です。毎日1回あたり50回を目安に続けましょう。背筋を伸ばした状態がポイントとなります。つま先立ちすることで、足首の柔軟性をアップさせる効果も。

足首をブラブラさせる

全身の土台となっている足首。凝り固まった状態を、ブラブラと脱力させることで柔らかくほぐしましょう。

立った状態で右足を軽く持ち、30秒間足をブラブラさせてください。左足も同様に繰り返しましょう。バランスが安定しない場合は、イスの背もたれや壁に手をつけても大丈夫です。

お風呂に浸かる

血の巡りを良くするには、入浴がおすすめ。お風呂に浸かることで血流が良くなり、足首のコリをほぐす効果を期待できます。38~40度以上のお湯に、10分以上は浸かるようにしましょう。

関連する記事

股関節がゴリゴリする原因と解消法3選:スクワットで股関節周りを鍛えよう

歩いたり、しゃがんだりしたときに股関節がゴリゴリ、...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

顔のコリはなにが原因?気になるゴリゴリを、筋肉マッサージで解消しよう。

顔がだるい、大きく笑うと頬が痛い、そんな悩みを抱え...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

土踏まずにコリがある原因とは?血流促進マッサージで、気になるゴリゴリを解消しよう。

土踏まずがこっている、ゴリゴリしている、と悩んでい...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法