リラックスラボは、身体の調子を整える人のためのメディアです。

二の腕のコリを解消し、引き締めるにはマッサージやストレッチが有効。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

疲労が原因で二の腕の筋肉が硬く凝ってしまうと、コリにつながります。筋肉が凝っている状態は、血行が悪く冷えている状態。放置してしまうと、むくみや体脂肪が付きやすい要因となります。

二の腕のコリを解消することで、血流が良くなりシェイプアップを期待できる効果も。簡単にできるストレッチやマッサージで、早速二の腕のケアを始めましょう。

二の腕にコリが生じる原因は?

体のパーツの中で、二の腕は疲れやすい部位の1つです。何かを持つときに腕をL字型に曲げる動作が多く、これは上腕二頭筋を疲れさせています。

二の腕を細くしたい場合、コリをほぐすことなくエクササイズするとコリが悪化してしまい、逆にむくんで太くなってしまうことも。コリを放置せず、ほぐしておくことが大切です。

二の腕のコリをほぐす方法

二の腕のコリを解消するには、コリを生じさせている原因をケアしてあげることがポイント。肘を伸ばした状態でカバンを持つ、マッサージ・ストレッチでコリをほぐす、入浴で血行を良くする、と言った方法が有効です。

リンパマッサージ

二の腕が凝っているとき、血流やリンパが滞っているので、マッサージをすることで流れを良くしましょう。鎖骨周辺がリンパの出口となるので、鎖骨から優しく刺激していくのがコツ。

まず、鎖骨を手でこすり温めます。鎖骨を上から下に向かって流したら、腕を上げて脇の下のリンパをもみほぐしましょう。今度は肘の内側から脇の下に向かって、手をグーにして流したら、脇の周りをさすって優しく脇の下に流して終了です。

最初は毎日おこない、2週間ほどを目安に継続すると効果を実感できるはず。

腕の筋肉をほぐすストレッチ

手首~肘、腕の付け根、腕の筋肉全体をほぐすことのできるストレッチです。コリが解消されると肩コリも改善してくるので、疲れやコリの酷さを感じたときに実践するのがおすすめ。

まず、手のひらを下に向けた状態で、両腕を前に伸ばします。左の手のひらは外側に向け、右手を左腕の上に乗せてください。次に両方の手のひらを合わせて、指を絡めた握手をし、息を吸いながら肘を緩めて、組んだ指先を自分の方に向けましょう。

指先を上に向けるように回したら、息を吐きながら腕を伸ばし、組んだ手は下に向けます。肩甲骨から腕を前に押し出すようなイメージです。息を吸いながら反対に腕全体を回し、息を吐きながら最初に戻ってください。一連の動作を5回繰り返したら、手を組み替えて同様におこなってください。

三頭筋を鍛える

二の腕のコリの要因となる血流不足は、筋肉の衰えが要因の1つ。そこで、二の腕の筋肉を鍛えてあげることも大切です。ここでは、三頭筋を鍛えるトレーニング方法をピックアップしました。

方法は、手の幅を極端に狭くして、手がかぶるようにしながらの腕立て伏せです。1週間に3回、1セット15回が目安となります。最初はきつく感じられるトレーニングなので、無理せずできる回数からこなし、徐々に増やしていきましょう。

お風呂に浸かる

お風呂に浸かることで、血流の悪さを改善することができます。普段はシャワーで済ませてしまう人も、38~40度のお湯に浸かりましょう。入浴中にリンパマッサージをおこなうのも有効です。

関連する記事

股関節がゴリゴリする原因と解消法3選:スクワットで股関節周りを鍛えよう

歩いたり、しゃがんだりしたときに股関節がゴリゴリ、...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

ふくらはぎがゴリゴリする原因と解消法4選:老廃物を流すケアで対策!

ふくらはぎがゴリゴリして、足が重いと感じる人は多い...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

お尻にコリが生じる原因とは?血行を促進するストレッチやヨガを紹介。

デスクワークで長時間座りっぱなしの状態が続くと、お...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法