手のコリを解消する方法とは?ストレッチやツボ押しが効果的。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

パソコンやスマホの操作で酷使しがちなパーツの1つが手。親指の付け根に位置する膨らみ(母指球)を押してみると、痛みやゴリゴリとしたコリを感じる人も多いはず。手は小さい骨が密集しており、老廃物が溜まりやすい場所でもあります。

ツボ押しやストレッチによってコリをほぐすことで、血の巡りを良くしコリを解消ましょう。

まずは手が凝っているかチェックしてみよう

手が凝っているかは、指を使ったセルフチェックで知ることができます。チェックする指を反対の人差し指と中指で挟み、根元から指先の方向に引いてみてください。

コリっ、ゴリっというような違和感を感じたら、手が凝っている可能性が高いです。凝っている指を挟んでいる2本の指で、痛い気持ち良いと感じる程度に揉むと簡単にほぐすことができます。

手にコリが生じる原因とは?

手にコリが生じる原因は、主に手の酷使によって筋肉が疲労状態にあることが挙げられます。パソコン作業などで手を使う機会が増えている現代では、知らないうちに筋肉の疲労が溜まりがちです。

また、首や肩のコリが手につながることもあります。そのため、手ではなく原因が首にあることも珍しくありません。

手のコリを解消する方法

手のコリを解消するには、疲れてしまった筋肉をほぐすことがカギとなります。

手を思い切り広げる、グーパーストレッチ

手のコリを改善するには、筋肉が固まってしまっている状態にある手を思い切り広げるストレッチが有効です。

まずは手をグーにしてから、手をパーの形に思い切り広げましょう。手の経路が刺激されて、血流が巡り出します。

手の指を反らせるストレッチ

曲げっぱなしの状態になりがちな手の指を、ストレッチによって伸ばしましょう。

指を1本ずつ反らせるように、手前に引っ張ってください。痛気持ち良いと感じる程度の強さで、伸びを感じてください。

手首をぶらぶらさせるストレッチ

右手で左手の手首を掴み、ぶらぶらと揺らすエクササイズです。小指から親指方向、手の甲から手のひらに向かって揺らしましょう。このとき、左手は脱力させ右手の動きに委ねることがポイントとなります。

緊張状態にあった左手の筋肉がほぐれ、緩んでいきます。反対も同様におこなってください。

合谷のツボを押す

手の甲側の、親指の付け根にある合谷(ごうこく)というツボを押すことで、コリや疲れの解消につながります。しっかりとツボの部分を押すことで、血流が良くなりコリをほぐすだけでなく、頭痛やストレス解消、風邪予防といった効果も。

お風呂に浸かってマッサージする

お風呂で浸かって、マッサージをすることも有効です。固まってしまった筋肉を、お風呂で温めてあげることで、ほぐすことができます。38~40度のお湯に浸かりながら、親指の付け根にある膨らみ(母指球)をマッサージしましょう。

手のひらをほぐすストレッチ

手のひらに溜まってしまった老廃物を流すうえでも役立つストレッチです。

指の付け根を太ももに当てて、徐々に力を加えながら押していきましょう。1本の指に対して3秒ずつ、2往復が目安です。このとき、指の股を太ももに押し当て、ゆっくりと力を入れるのがポイント。

関連する記事

顔のコリはなにが原因?気になるゴリゴリを、筋肉マッサージで解消しよう。

顔がだるい、大きく笑うと頬が痛い、そんな悩みを抱え...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

足首のコリを解消するには、足首回しで血流を促進させよう。

人体は200個以上の骨が下から積み上げられている構...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

耳のコリを解消する方法とは?慢性的なだるさを解消しよう。

耳を触ってみて、硬いと感じる人もいるはず。肩こりや...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法