下半身のコリを解消する方法とは?ヨガポーズやストレッチで疲れもケア。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

立ちっぱなし、座りっぱなしなど同じ姿勢が長時間続くことで、下半身のコリに悩んでいる人は多いはず。1日の終わりに疲れとして現れることが多く、その日のうちに解消しなければ疲労を翌日に持ち越してしまうことに。

ここでは、1回3分でできるヨガポーズやストレッチ法をピックアップしました。コリや疲れはすぐにケアをして、毎日を快適に過ごしましょう。

下半身にコリが生じる原因とは?

下半身のコリにはいくつか原因がありますが、代表的な要因は血行不良です。

ふくらはぎが血液を送るポンプのような役割をしていますが、同じ姿勢が長時間続くことで、ふくらはぎの筋肉が衰えてしまうと血液がうまく循環しなくなってしまいます。

また、2つ目の要因には骨盤の歪みが挙げられます。つい猫背になっていたり、脚を左右どちらか一方でばかり組んでしまう、という人も多いはず。これらの日常でのクセによって、骨盤が歪んでしまうことで下半身に余計な負担がかかってしまいます。

下半身への負担が大きくなると、筋肉が緊張状態になることで硬くなる結果、コリを誘発してしまうのです。

下半身のコリを解消する方法

下半身のコリはなるべく早くケアすることで、日頃のパフォーマンスを向上させることができます。ここでは、1回3分以内で終わる方法をピックアップしたので、疲れていても取り組みやすいはず。

橋のポーズ

下半身のみならず、肩こりの解消効果も期待できるヨガのポーズです。

床やベッドの上で仰向けになり、体の力を抜きます。両膝を曲げ、かかとをお尻の方に近づけ、両腕は体に添わせておいてください。鼻から息を吸い、吐きながらお尻を持ち上げていきます。このとき、膝が開きすぎないように、こぶし1つ分までに留めておくのがポイント。

さらに余裕がある人は、肩甲骨を寄せて手を握ると、肩こり解消に有効です。お腹とお尻は引き締め、3~5呼吸終わったら、両手を解放してください。そのあと、背骨→腰→お尻の順で床につけていき、脚を左右に倒しながら太ももの付け根をほぐしてください。

ストレッチ

下半身のなかでも大きな筋肉のある太ももは、コリを感じやすい部分です。ストレッチで太ももをほぐしましょう。

まずは、直立状態から片足を後ろに上げて、手で抱えてください。手で足を引っ張り、太ももの前側が伸びていることを感じましょう。このストレッチを1日2回、1回あたり2分を目安におこなうと効果的です。

お風呂に浸かる

コリの原因である血行不良を改善するには、入浴が効率的です。38~40度のお湯に30分以上浸かることで、全身の血行が良くなる効果を期待できます。普段はシャワーで済ませがちな人も、お風呂に浸かる習慣を設けてみましょう。

スクワット

下半身のコリには運動不足も関係しています。筋肉が衰えることでコリを感じやすくなるため、効率よく下半身の筋肉を強化できるスクワットがおすすめ。

肩幅程度に足を開き、背筋を伸ばした状態からスタートします。後ろにイスがあり腰掛けるようなイメージで、腰を落としていき、膝とお尻が並行になったら元の姿勢に戻っていきます。これを週3回、1回あたり20回をトレーニングしましょう。

綿棒を転がす

下半身にコリが生じたとき、マッサージしている人も多いはず。下半身のコリをほぐすには、綿棒を使って全体を転がすようにすると、効率良くほぐすことができます。足全体押し流すようにマッサージしましょう。

関連する記事

ふくらはぎがゴリゴリする原因と解消法4選:老廃物を流すケアで対策!

ふくらはぎがゴリゴリして、足が重いと感じる人は多い...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

土踏まずにコリがある原因とは?血流促進マッサージで、気になるゴリゴリを解消しよう。

土踏まずがこっている、ゴリゴリしている、と悩んでい...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

お尻にコリが生じる原因とは?血行を促進するストレッチやヨガを紹介。

デスクワークで長時間座りっぱなしの状態が続くと、お...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法