股関節と冷えの関係とは?固まった股関節をストレッチでほぐそう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別の冷え解消法

女性は男性と比べて熱の発生源である筋肉量が少ないこと、貧血や低血圧の人が多いこと、などが代表的な要因となり冷えを感じやすいです。

手足が冷えやすい、婦人科系のトラブルが多い、あざができやすいなどの悩みを抱えている人は、股関節の外側周辺が硬くなっている可能性も。股関節まわりをほぐして、血流を改善しましょう。

冷えやすい人は、股関節が硬い傾向に

股関節に柔軟性がなく硬くなっていると、血行が悪くなり冷えてしまう、と言われています。股関節が固まってしまうのは、デスクワークなどで股関節を動かす機会がないこと、運動不足が主な要因です。

また、普段の生活でクセがあると、体の各部位が定位置からズレてしまうことがあります。これは股関節にも言え、股関節がズレてくると血行不良の原因となり、冷えを招く要因です。

この状態が進行してしまうと、変形性股関節症になる恐れも。冷えだけでなく痛みを伴い、最終的には外科手術が必要になる場合があります。

股関節をほぐして、冷えを解消しよう

股関節が固まった状態を放っておくと病気の原因になる恐れがあるので、股関節を柔らかく保ち、冷えを解消することが大切です。

四股(しこ)を踏むストレッチ

股関節を柔らかくする簡単なストレッチには、お相撲さんが土俵でおこなう四股をベースにしたストレッチがおすすめ。固まっている股関節の可動域を広げることができます。

両足を肩幅よりも広げて立ち、両手は股関節に添えましょう。そのままグーっと限界まで腰を落とし、8~10秒ほど姿勢をキープしてください。

四股の形に慣れてきたら上半身を左右にひねる動作を加えると、さらに股関節が伸び、可動域が広がります。

股関節を温めるストレッチ

股関節に刺激を与え、血行を促進できるので、体がポカポカと温まってくるストレッチです。

壁の正面に立ち、やや前傾姿勢で両手を壁につけます。その姿勢のまま、まずは右脚を10回ほど時計回りにぐるぐると円を描くように回します。右脚が終わったら、左脚も同様に繰り返してください。

あぐらストレッチ

床にお尻をついて座り、あぐらをかくように両足の足裏を合わせます。手を前に伸ばし、息をゆっくり吐きながら、体を前に限界まで倒していきましょう。限界までいったら元の姿勢に戻り、同じ動作を5回ほど繰り返します。

足の振り子ストレッチ

壁が右横になるように立ち、右手を壁に当てます。その姿勢のまま、右脚を前後に大きく振るのを10回ほど繰り返します。右脚が終わったら、今度は壁が左側にくるように立ち、同じ動作を繰り返してください。

お風呂で股関節をほぐすマッサージも効果的

冷え対策で有効なのは体を温めることですが、なかでも入浴は効率よく体の血行を改善でき、冷えの解消につながります。38~40度の湯船に浸かって温まるだけでも効果がありますが、入浴しながら股関節周辺をさするように圧力をかけることで、さらに効果を期待できます。

関連する記事

下半身が冷える?女性特有の悩みを解消したいなら、積極的に温めるのが大事。

下半身の冷えは、女性特有の悩みや不調を悪化させてし...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法

足や足先が冷える原因とは?体を温めて、血行を促進させることがカギ。

冬はもちろん、年中足や足先が冷えると悩んでいる人も...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法