骨盤が開く原因とは?セルフチェック法とエクササイズを紹介。

骨盤が開く原因とは?セルフチェック法とエクササイズを紹介。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 骨盤矯正

運動不足などで下半身の筋肉が衰えていくと、骨盤を支える力が失われ徐々に広がってしまうため、骨盤は開いた状態に。疲れやすくなったり、太りやすくなるなど、骨盤が開くことによるデメリットは多いです。

ここでは、骨盤が開く原因について理解を深め、骨盤を締めて小さくするエクササイズを実践してみて。

骨盤が開いている状態とは?

まずは、骨盤が開くとはどのような状態なのかを理解しておきましょう。

そもそも骨盤とは1つの骨ではなく、尾骨や仙骨など腰から股間節にかけて集まる複数の骨から構成されています。骨盤が開くとは、それらの骨が外側に広がったり、歪んだ状態です。

骨盤の開きをセルフチェックしよう

普段の生活で骨盤を意識する機会は少ないため、自分の骨盤が開いているのか分からない、という人も多いはず。そこで、セルフチェックで骨盤が開いているか確認してみましょう。

まず、仰向けになり、足を揃えた状態で伸ばしてください。このとき、かかとは少し離しておき、両足のつま先を外側に開いてみましょう。開いたつま先の角度がどちらも80~90度であれば、骨盤は正常な状態であると言えます。

これよりも角度が大きくなってしまう場合は、骨盤が開いている可能性が高いです。また、左右のつま先の角度が大きく異なっている場合は、骨盤の歪みが考えられます。

骨盤が開く原因とは?

なぜ骨盤が開いてしまうのでしょうか?ここでは、代表的な2つの原因を紹介。自分に当てはまっていないか、チェックしてみて。

筋力の低下

原因の1つめには、加齢や運動不足による筋力の低下が原因として挙げられます。下半身の筋肉が衰えてしまうと、骨盤を支える力が失われるため徐々に広がるようになり、これが骨盤が開いた状態です。同時にO脚など足の歪みを併発する恐れも。

出産

妊娠中に分泌されるホルモンの影響から、出産によって女性の骨盤は開いてしまいます。通常は、産後元の状態に戻っていくと言われていますが、姿勢の悪さや座り方にクセがあると、骨盤が開いたままの状態に。

骨盤を締めて小さくするには?

開いてしまった骨盤を締めて小さくするには、骨盤歩きなどエクササイズが有効です。整体院でプロによる施術を受けると、セルフケアよりも効率よく骨盤の開きを矯正できます。

エクササイズ

自宅でできるエクササイズから実践してみましょう。

まず、布団やマットの上に仰向けになり、その状態から腰が浮きすぎないように両膝を軽く抱えてください。そのポーズのまま全身を使って、左右に揺れましょう。腰の中心にある骨を動かすようなイメージで、1分間ほど続けることで骨盤を締める効果を期待できます。

骨盤歩き

まず、背筋を伸ばした状態で床に座ります。両足も真っ直ぐに伸ばし、つま先が天井を向くようにしてください。その姿勢からお尻の筋肉を使って、前に歩いてみましょう。腕と腰を振るようにして歩くのがコツ。10~20歩前に歩くことができたら、今度は同じように後ろへ下がります。

これを無理のない回数で毎日続けましょう。足は真っ直ぐ伸ばした状態が望ましいですが、体が硬い人は膝が少し曲がっても大丈夫。

整体院で施術を受ける

骨盤を確実に締めるには、整体院でプロの施術を受けると確実です。整体院では専門家による骨盤のチェックや矯正を受けられるため、自分には知識がなくても安心して任せることができます。店舗によっては、産後ケアとして骨盤の開きを確認してくれるメニューを用意している場合も。

整体院に行ったことがない人には、大手の整体サロンであるカラダファクトリーがおすすめ。全国展開しており、骨盤や骨格の矯正に強みを持っているので、効率よく骨盤をケアできます。アフターケアのアドバイスも充実しているので、良い状態を長く維持できる点が評判。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

関連する記事

プロの鍼灸師が教える。産後の骨盤矯正効果とセルフケア。

産前の体型に戻りたいという悩みは、多くの産後ママが...

2019年07月23日, 骨盤矯正

猫背を治すうえで骨盤の矯正が必要な理由とは?動かし方をマスターしよう。

現代人が抱えている悩みとして多いのが猫背。あるスポ...

2019年07月18日, 骨盤矯正

腰痛と骨盤の関係とは?歪みを改善・予防して、腰痛を緩和しよう。

日々の生活で腰痛の悩みを抱えている人も多いはず。そ...

2019年07月18日, 骨盤矯正