コルギで二重顎を解消できる?面長改善に効果的なセルフコルギ法も。

コルギで二重顎を解消できる?面長改善に効果的なセルフコルギ法も。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , コルギ

韓国で誕生したコルギは、小顔効果を得られるとして注目されている施術です。「二重顎を解消したい」、「面長を改善したい」、「横顔美人の特徴であるEラインに近づけたい」と思っている人は多いはず。

コルギは、顎まわりのリンパが詰まってしまったことによる悩みを解消するうえで有効です。ここでは、コルギで二重顎を解消できるかについて、セルフでおこなう方法とあわせて紹介。

コルギで二重顎を解消しよう

コルギの施術を受けることで二重顎を改善し、顎まわりをシャープにする効果を期待できます。まずは、二重顎といった顎まわりの悩みが生じる原因について理解を深めていきましょう。

顎の悩み。大きな原因はリンパの詰まり

顎まわりの悩みには、原因としてリンパの滞りが共通している場合が多いです。リンパが滞ることで老廃物が溜まり、むくみとして現れた結果、顎まわりが膨張してフェイスラインがぼやけ、顎が無いように見えてしまう要因に。

顔にはリンパの出入り口であるリンパ節が2つあり、1つは耳の下、もう1つは顎の下に位置しています。血液は心臓がポンプとなって流れていますが、リンパはそのような器官がありません。筋肉の運動や外部からの刺激によって流れています。

筋肉の衰えなどによってリンパの流れが停滞すると、老廃物が溜まっていくことで、顎と首の境界線がぼやけ顎の無い顔に。口呼吸をしている人は顎まわりの筋力が低下しやすく、リンパが滞っていることが考えられます。

コルギによる、リンパの流れを改善する効果

コルギは一般的な小顔マッサージと比べて、骨や筋肉といった深層部分にアプローチできるので、リンパの滞りを解消するうえで有効です。リンパが詰まっている状態でコルギをおこなうと、痛みを感じることが多いですが、これは老廃物が溜まっている証拠でもあります。

顎に効くセルフコルギ法

ここでは、顎まわりのラインをスッキリさせて二重顎を解消するコルギと、顎の長さにアプローチして面長を解消するコルギを紹介。

顎まわりのたるみ・二重顎を解消するセルフコルギ

まず、人差し指と中指の第2関節を使って、フェイスラインの骨を挟みます。つまむ→離すという動作を、顎先から耳の付け根に向かって繰り返していき、左も同様に。8回で耳のつけ根に到達できるよう、小刻みに動かしましょう。

顎の長さ・面長を解消するセルフコルギ

まず、髪の生え際に右手をあて、顎先に左の手根骨を密着。左手に頭の重心を乗せるようなイメージで上下から力を加え、10秒間キープする動作を2~3回繰り返してください。安定して力を加えるには、左手をテーブルに乗せておこなうのがおすすめ。

セルフコルギの効果を高めるコツ

コルギは漢字で「骨気」と書くことからも分かるように、骨にアプローチする点が特徴の施術です。よって、骨に圧力が加えられているか意識することがポイント。

また、オイルやクリームなどを塗っておくと、滑りが良くなるので肌を傷つけることなく、スムーズにコルギをおこなうことができます。

サロンに通う場合、目安となる頻度

コルギの施術を受けたり、セルフでおこなうと即効性を感じる人は多いです。個人差がありますが、効果を最も実感できると言われているのは施術後2日経ったタイミング。

効果が持続する期間は、約1~2週間程度と言われているため、サロンに通う場合はその期間内に通うよう、スケジュールを設定するのがおすすめ。セルフでおこなう場合は、できるだけ毎日継続しましょう。

体には元に戻ろうとする性質があるので、コルギを始めたばかりのときは骨の位置を体に記憶させることが重要。少なくとも3ヶ月程度は継続的におこないましょう。

関連する記事

コルギで頬骨は引っ込められる?むくみを解消し、顔色を良くする効果も。

「出っ張った頬骨さえ引っ込めば小顔になるのに......

2019年07月18日, コルギ

コルギの脚痩せ効果とは?むくみ太りの脚をスッキリ細くしよう。

骨にアプローチするコルギの施術は、顔だけではありま...

2019年07月18日, コルギ

コルギでエラは削れる?フェイスラインのリフトアップ効果も。

「小顔になるために、コルギをやってみよう」と考えて...

2019年07月18日, コルギ