お尻のむくみを解消する方法とは?ヨガポーズが有効。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別のむくみ解消法

お尻を触ったときに冷たいと感じる人は多いはず。デスクワークなどで座りっぱなしの状態が長く続くと、血行不良になり、お尻のむくみが引き起こされます。

また、運動不足によってお尻の筋肉が衰えてしまうと、むくみだけでなく脂肪がつきやすくなり、お尻が垂れる原因に。ここでは、お尻のむくみを解消する方法を紹介するので、引き締まった小尻を手に入れましょう。

お尻のむくみが起こる理由とは?

とくにデスクワークの人は座りっぱなしで作業をしている時間が長く、血流が悪くなりがち。血液の循環が滞るとリンパの流れにも影響を与え、老廃物が体内に溜まりやすくなります。

運動不足でお尻の筋肉が衰えることで代謝が悪くなることも、むくみを招く要因です。

お尻のむくみを改善する方法

お尻のむくみを解消するためには、お尻を温めて血液の循環を改善する必要があります。リンパの流れもスムーズになることで、代謝が上がるため太らない体づくりにも有効です。

ヨガのポーズ

まず、四つん這いになり左脚を手の間に持っていきます。右脚はつま先を伸ばして後ろに伸ばし、太ももを床に着けておきましょう。

右脚を曲げて、左手か両手で掴み、そのままキープします。体が硬い人は無理のない範囲で、右脚のつま先を頭の方に持っていくようにすれば大丈夫。余裕のある人は、つま先を右肘にかけ頭の後ろで組みましょう。

お腹が正面を向くように意識し、呼吸を続けた後ゆっくりと手足を元に戻します。反対も同様におこなってください。

仙骨を温める

お尻の真ん中の平らな部分(仙骨)を温める方法も、即効性を感じられるのでおすすめ。湯たんぽやカイロなどをお尻の下に敷いて、仙骨を温めましょう。手をグーにして仙骨を優しくさすってあげる方法も、血行を促進する効果を期待でき、便秘にも有効。

お尻かかとキック

腹ばいになって両膝を上げ、かかとでお尻を叩くエクササイズです。脚とお尻の血行が同時に良くなるので、代謝が上がり熱が下半身に行き渡ります。下半身が軽くなり、だるさを解消する効果も。

ストレッチ

脚を伸ばして座り、片足をもう片方の太ももに乗せ、ちょっと痛いと感じる所まで前かがみになるストレッチもおすすめ。普段使われないお尻の筋肉が伸び、むくみを解消する効果を期待できます。

むくみに効果のある食材を摂取する

お尻のむくみには、食物繊維と抗酸化作用のある食材が効果的です。オーツ麦には食物繊維が豊富に含まれ、消化を助けてくれるので便秘にも良いと言われています。おすすめの食べ方は、オートミール粥。朝食に取り入れてはいかがでしょうか。

また、アボガドに含まれるカリウムは抗酸化作用があり、むくみと関係する体内の老廃物や余分な水分を排泄してくれる働きがあるので、1日1個を目安に食べてみて。

プロの力を借りる

お尻は疲れが溜まりやすく、冷えがちな部位。自分の手で触ることができても、力を入れてマッサージしづらい場所です。整体やマッサージ店に行ったとき、「お尻をほぐしてほしい」とお願いすることも有効。

全国的に展開している大手の整体サロン、カラダファクトリーでは垂れたお尻をケアするコースが用意されています。オリジナルの施術で体のバランスが整うと、不調に悩みにくい体に生まれ変われるので、おすすめ。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

関連する記事

腕のむくみの原因と改善方法:効果的なマッサージ法紹介!

腕がなんとなくだるかったり、重いような気がする、二...

2019年07月25日, 部位別のむくみ解消法

手のむくみ、原因と解消法とは?複数の症状があるときは要注意。

足や顔だけでなく、手もむくみを感じやすい部位。腫れ...

2019年07月25日, 部位別のむくみ解消法

目や瞼のむくみを解消する方法とは?枕の高さもポイント。

「朝起きたら顔がむくんでいて、目も腫れぼったい.....

2019年07月25日, 部位別のむくみ解消法