お尻にコリが生じる原因とは?血行を促進するストレッチやヨガを紹介。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

デスクワークで長時間座りっぱなしの状態が続くと、お尻が硬くなり腰痛の原因となります。お尻のコリをほぐすには、ストレッチが効果的です。お尻の筋肉をこまめにストレッチすることで、疲労を溜めることなく毎日を快適に過ごしましょう。

お尻にコリが生じる原因は?

お尻にコリが生じる原因はいくつかありますが、代表的なのは血行不良。座りっぱなしなど同じ姿勢で長時間いることで血行が悪くなり、水分が体の中に溜まることでお尻にむくみが生じます。

それが長く続くとコリとして固まってしまい、お尻が硬くなる要因に。腰痛につながる恐れもあります。

また、セルライトも原因の1つです。脂肪と老廃物が複雑に絡み合ってしまうと、「セルライト」と呼ばれるしこりのような塊ができてしまいます。なかなか落ちにくいと言われる厄介な存在です。

お尻のコリを解消する、おすすめの方法

お尻のコリを解消するにはストレッチが有効。ここでは寝る前の5分間でも可能なストレッチを中心に、おすすめのコリ解消法を紹介していきます。

ベイビークレイドル

お尻の筋肉をほぐし、疲労の解消に効果的なストレッチです。

まず、足を伸ばした状態で座ります。すねと胸を平行にするように左足を曲げて、左足から膝までを両手で抱えこみます。左もも裏からお尻の筋肉が伸びていることを感ながらキープし、10呼吸数えてください。反対側も同様におこないましょう。

体が硬い人は、後ろに手をついて、足を抱えこまずに反対の膝の上に乗せても大丈夫です。膝を押し出す感覚を意識することがポイント。

針の穴のポーズ

お尻のコリをほぐすには、ヨガのポーズもおすすめです。骨盤や股関節の歪みを整える効果も期待できます。

まず、仰向けで両膝を立てます。このとき腰は浮かせずに、お腹を床にくっつけるイメージを。右足のくるぶしの外側を左膝に乗せます。余裕がある人は、右足の付け根を開くようにすると効果アップ。

次に、息を鼻から吸って左足を持ち上げます。両足の間から右腕を通して左膝を両手で抱え、息を鼻から吐きながら自分の方に引き寄せてください。体が硬い人は太ももの裏に両手を添えても大丈夫です。

このまま、腹式呼吸で1分間ほどキープ。鼻から息を吐きながら手足をほどき、最初の姿勢に戻ったら、反対側も同様におこないましょう。毎日2~3セットが目安です。

ポイントは、背中を丸めずに、首の裏からお尻にかけて床にピッタリつけて、土台を安定させること。お尻や太ももの筋肉が伸びていることを意識すると、血行が良くなり、引き締め効果も期待できます。

お風呂に浸かって、血行を促進

コリを解消するには、血液の流れを良くしてあげることが大切です。お風呂にゆっくり浸かると、リラックス効果も得られます。38~40度のお湯に30分以上浸かるようにすると、コリの改善に有効。シャワーで済ませてしまうのではなく、冷えやすい冬場はとくに湯船に浸かるようにしましょう。

関連する記事

首や首筋がゴリゴリする原因とは?血行を改善するストレッチも紹介。

デスクワークやスマホ、パソコンの酷使で悩みの声が多...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

肩コリの原因とは?肩甲骨をほぐして、運動することで解消できる。

肩コリは、多くの人が悩む症状。血流の悪さや筋肉が固...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法

顔のコリはなにが原因?気になるゴリゴリを、筋肉マッサージで解消しよう。

顔がだるい、大きく笑うと頬が痛い、そんな悩みを抱え...

2019年07月25日, 部位別のコリ・ゴリゴリ解消法