産後のマッサージはいつから?おすすめのセルフマッサージも紹介。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

出産を通して母体には大きな負担が掛かるため、体を癒やしたり歪んでしまった体のバランスを整えるため、マッサージを受けたいと思っている女性も多いはず。

産後の体はデリケートなので、いつからマッサージを受けて良いのか、どんなマッサージが適切なのか、正しい情報を知っておくことが大切です。

産後にマッサージを受けるとき、いつから受けられる?

体を強く押す・揉むなどの刺激を与えなければ、基本的には産後すぐにでもマッサージを受けることが可能と言われています。軽めのマッサージであれば産後2日目に受けることができるので、慣れない出産で疲労した心身を癒やすために、マッサージの施術を受ける人も。

一般的に通常のマッサージを受けることができるようになるのは、産後1ヶ月ほどと言われています。しかし、体の回復には個人差があるので、マッサージを受ける前に専門家に相談しておくと安心です。

産後のおすすめマッサージ法

ここからは、産後におすすめのマッサージ法について、セルフマッサージと整体院などで受ける施術を紹介。それぞれにメリットがあるので、自分に合うものを実践してみて。

セルフマッサージ:産後のむくみを解消するマッサージ

産後は下半身、とくに脚がむくみやすくなっています。1ヶ月で治まる女性も多いですが、むくみを1ヶ月放置してしまうと下半身に老廃物が溜まり、排出されにくい状態に。マッサージによってむくみをケアしましょう。

むくんでいる脚部を持ち上げるイメージで優しく揉みほぐしていきます。目安としては脚を交互に60秒揉み、これを3回ほどおこなってください。

老廃物を排出することができるだけでなく、代謝を上げる効果もあるため、むくみにくい体質になります。入浴後の体が温まっているタイミングにマッサージすると、血行が良い状態なので効果を実感しやすいです。

セルフマッサージ:産後のストレスを緩和するアロママッサージ

出産を通して体は緊張し筋肉が強張るので、肩こり・腰痛などが生じやすくなります。産後の疲労でストレスが溜まり、暗い気分になったときは、アロママッサージで高い疲労回復とリラクゼーション効果を得るのがおすすめ。

方法は、温めた両方の手のひらにアロマオイルを塗り、腕や脚などマッサージをする部分を擦るようにオイルを馴染ませます。腕の場合は肩から指先に向かって、脚なら付け根からつま先に向かって、一度オイルを馴染ませてから揉みほぐしましょう。

精油の香りには気持ちを落ち着かせる効果があり、精神を安定させることができるので、睡眠障害やストレスを緩和してくれます。

セルフマッサージ:腰やお尻の負担を解消するマッサージ

腰まわり・お尻をマッサージでほぐすことにより、出産によって腰や脚に掛かっていた負担を解消することが可能です。

うつ伏せになり、60秒ほど時間を掛けながら親指で腰から臀部にかけて押していきましょう。最初は軽く指圧し、少しずつ力を強めながら3回この動作をおこなってください。間に10秒ほど深呼吸するのがポイント。

プロによる施術:出産で開いた骨盤を戻す、骨盤矯正

出産を通して骨盤に歪みが生じるため、骨盤矯正の施術を受けることが産後の体を元に戻す近道です。

産後の骨盤矯正には、骨盤の位置を戻すだけでなく、ボディラインを綺麗にする効果も期待できます。出産から4~6ヶ月が経過すると骨盤が固定されると言われているので、骨盤を元の状態に戻すためには早い段階での骨盤矯正が大切。

大手の整体サロン、カラダファクトリーでは産後に特化した骨盤矯正の施術を受けることができるのでおすすめ。全国的に展開しており、ベビーカーと一緒に入店できる店舗や子どもを見ておいてくれる店舗が多いのもポイントです。

カラダファクトリーで産後整体(公式サイト)

関連する記事

太もも筋肉のマッサージ法:筋肉太りを防いで美脚に!

太ももの筋肉は、一度つくと落ちにくい箇所です。女性...

2019年07月18日, マッサージ

筋肉をほぐすマッサージ方法とは?押し過ぎは厳禁、優しくゆっくりもみほぐそう

運動したあとの筋肉痛をなくしたい、筋肉の凝りを解消...

2019年07月18日, マッサージ

マッサージもめんどくさいとき、手抜きでも不調を解消しよう。

「疲れすぎてマッサージするのもめんどくさい、けれど...

2019年07月18日, マッサージ