二の腕が冷たいときは、内臓が冷えている?適切な対策が大事。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別の冷え解消法

暑い季節でも腕が冷たい、冬になると手足の先だけではなく二の腕も冷えている、という人もいるはず。そういった冷えを感じる人は、その部位だけでなく、全身が冷えている可能性があります。腕の冷えは、単に腕を温めるだけでは効果を感じられないこともあるため、適切な方法で体を温める必要があります。

なぜ、腕に冷えを感じてしまうのでしょうか?その原因を知って、正しい対策をおこないましょう。

腕の冷えが起こる理由とは?

季節に関係なく、二の腕を触ってみると冷たいと感じる人は、隠れ冷え性と呼ばれる内臓型の冷え性になっている可能性があります。

血行が悪く、冷えが進行してしまっている状態。手足の先といった末端は、血管も細く心臓から遠いため、血流も滞りやすいことから冷えを感じやすい部位です。その途中の部位である腕から冷えている場合は、体の芯から冷えてしまっている可能性が高いのです。

内臓型冷え性とは?

内臓型冷え性は、内臓の温度が下がってしまい、体が内側から冷えてしまっている状態のこと。末端冷え性よりも自覚しにくいと言われています。

冷たい食べ物や飲み物を過度に摂取することで、内臓が冷やされてしまったり、筋肉量が少ないことで適切に熱が発されないことで、内臓の温度が下がってしまったりと、原因はさまざま。

内臓型冷え性になっているときに起こる症状としては、血行不良による肩こりや腰痛、そして胃腸のトラブルが増えたり、頻尿になってしまったりということも。また、免疫力も低下しやすく、風邪などを始めとした感染症にかかりやすくなると言われています

二の腕の冷えを防ぐためには?

腕を温めるのではなく、内臓から温めることが大事。日々の生活を見直して、体を温めることを意識しましょう。

体を温める食材を摂る

冷たい飲み物やアイスなどはなるべく避け、常温のものを飲むように心がけましょう。また食事は、玉ねぎやニンジン、ゴボウなど、体が温まる食材をふんだんに取り入れた料理を作りましょう。スープなどがおすすめです。

生姜湯やオニオンスープなどは、お湯を入れるだけで作れるものも売っているので、手軽に取り入れられます。また、筋肉を作る鶏肉や豚肉などのたんぱく質をとることも大事。豚肉と玉ねぎ、生姜を使用する豚肉の生姜焼きのメニューは、風邪の予防にも疲労回復にもおすすめです。

しっかりと入浴する

お湯に浸かる時間がないと、シャワーで済ませてしまう人も多いはずですが、冬だけでなく夏でもしっかりとお風呂に入ることが大事。芯から体を温めることができ、また血流も促進されるため、冷えの解消のためには入浴を必ず取り入れるべきです。

また、普通のお風呂よりも入浴剤や岩塩、にがりなどを入れるのも効果的。保温効果が増します。

カイロや腹巻で外からも温める

貼るカイロや腹巻を使用して、外から内臓を温めることも大事。最近では、シルク素材の腹巻なども販売されているため、薄着になる季節に、見た目も気にせずに使用できるものもあります。

運動を心がける

自宅でもできる運動で筋力をつけ、代謝をアップさせるのもおすすめ。冷えが改善されるのはもちろん、適度な運動と筋肉量を増やすことで、冷えを予防することもできます。運動強度があまり高くないストレッチやヨガなどで適度に体を動かしたり、マッサージで血流を促進させましょう。

マッサージの場合は、腕だけでなく脚などもマッサージをおこなうのがポイント。全身の血流を促進させることで、内臓を温めることができます。

関連する記事

お尻が冷えてしまう原因とは?素早い対処で、健康を保とう。

寒くなってくると、とくにに冷やしたつもりもないのに...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法