冷え性と体温の関係。体温が高いのに冷え性になる原因とは?

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

男性と比べて筋肉量の少ない女性は、約7割の人が冷えを自覚している、と言われています。また、女性特有の生理などで出血量が増えることも、冷え性の要因になっています。ここでは、冷え性と体温の関係について、体温が高いのに冷えを感じる場合の原因と合わせて紹介。

冷え性の改善法も紹介するので、冷え性を解消し毎日の生活をより快適に過ごせるようにしましょう。

冷え性と体温の関係とは?

一般的な体温は36度前後です。36度以下の場合は、低体温と言われていますが、だからと言って、冷え性というわけではありません。冷え性とは、普通の人が寒さや冷たさを感じないような環境でも感じ、辛い症状を感じる人のことを指します。

冷え性とは?

冷え性の原因は、おもに血流の滞りです。女性に冷え性が多いのは、男性より筋肉量が少ないことも関係しており、血液が心臓から排出されて末端に運ばれ、また心臓に戻っていくという循環がうまくいかないことが原因です。

また、自律神経のバランスが乱れていることでも血流の悪化を招き、冷え性の原因になります。

冷え性と低体温は別物だけど、低体温だと冷え性になりやすい

冷え性と低体温は別物ではありますが、低体温の人は冷え性になりやすいと言われています。

とくに若い人のなかで、食生活の乱れ、極端なダイエット、ストレスなどで自律神経やホルモンバランスが狂い、平熱が35度台になっている人も。運動不足、入浴をシャワーだけで済ます、といった生活習慣が冷え性を誘引してしまうのです。

体温が高いのに冷え性になる原因

体内の温度は高いのに冷え性になる、という人も少なくありません。体温は36.5℃ほどあっても、手足などの末端が冷え、氷のように冷たく感じる人もいます。

症状の原因は血流の悪さが代表的に挙げられ、運動不足により血行が悪くなって、末端までしっかりと血液が流れないことで生じるケースが多いです。

冷え性の改善法

冷え性を改善するためには、血流を改善すること、自律神経の乱れを整えることがカギとなります。ここでは、おすすめの方法を紹介するので、自分にあった方法を試してみましょう。

運動やストレッチ

冷えを感じたら手足をブラブラと振ってみたり、指を意識して動かすと簡単に血流を促してくれる効果を期待できます。また、1日に30分のウォーキングをして代謝を促してあげると、血行が良くなり冷えの改善に有効です。

内臓を温める

カイロや腹巻などを使ってお腹を温める方法も効果的。代謝が悪い状態では、体は内臓を最優先に血液を送り込んで温めようとする性質があるので、末端部分に血液が行き届かなくなり、冷える原因になります。

お腹を温めることで内臓が温まり、血液が末端まで流れるようになるので、手足が温かくなりやすいです。

食べ物で冷え性を改善

寒い地域で収穫される野菜や果物は、体を温めてくれる効果があると言われています。大根やゴボウ、ニンジンなどの根菜類、果物ではリンゴがピッタリ。また、ハーブのなかには血行を良くしてくれる効果を期待できるものもあるので、ハーブティーを飲むのもおすすめ。

ぬるめのお風呂に入る

お風呂は毎日の疲れを取り去ってくれるリラックスタイムです。38~40℃ぐらいのぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、体を芯から温めましょう。副交感神経が優位に働き、リラックス効果や血行促進を得られます。

また、入浴中に足のマッサージをするのも有効です。とくに冷たくなりやすい足先やかかとなどは念入りにほぐして、すみずみまで血液が行き渡るようにしましょう。

関連する記事

フェイシャルマッサージとは?美白やたるみ改善など、目的に合わせてエステを選ぼう。

年齢を重ねるにつれ、しみ、しわ、くすみ、たるみなど...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

筋肉のこりが辛い。辛い症状を改善するために、姿勢を意識しよう。

仕事や運動などをすると、筋肉が凝って体が辛くなると...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

冷え太りとは?原因を知って、体温と基礎代謝アップを目指そう。

ダイエットしたいのになかなか痩せない、冷えが気にな...

2019年07月18日, ボディーケア&治療