手が冷える理由とは?ストレスを減らす、筋力をつける、温めることが大事。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別の冷え解消法

女性に多い、手や足の冷え。手が冷たいと、動かしづらくなったり痛みを感じることも。冬の寒さで手が冷えるという人も多いのですが、夏でも手が冷える、なかなか温まらないという人も。

辛い手の冷たさは、一体なにが原因なのでしょうか?日常の中でできる対策を取り入れて、冷えを予防しましょう。

なぜ手が冷たくなるの?

寒い環境にいれば、体は冷えるものですが、寒いから冷えているレベルではない場合に冷え性といいます。

手がいつも冷たい、冬だけではなく夏も冷えるといった場合は、冷え性であると言え、体温調節機能がうまく働いていない状態にあるのです。

自律神経の乱れ

ストレスがかかっていたり、不規則な生活をおこなうことで自律神経が乱れてしまうことが大きな原因の1つ。

体温調節機能を担っているのは自律神経。うまく働かないと、体温がなかなか上がらなかったり、反対に体温が高くなりすぎるのぼせの状態になったりと、体に悪影響を与えてしまいます。夏でも冷えを感じる人は、自律神経が乱れている可能性があります。

筋肉不足による結構不良

女性は男性よりも筋肉が少ないため、血行不良になりやすいことも。筋肉の収縮によって熱が発生したり、筋肉が働き血流がきちんと全身に送られていると冷えはあまり感じません。しかし、筋肉量が少ないとその役割が果たせないため、冷えを感じます。そのため運動不足の人も冷えを感じやすいのです。

なかなか治らないときは、病気の可能性も

基本的に手の冷えは、寒さや血流の悪さが原因といったことがほとんどですが、冷え対策をしているにも関わらず手が冷たい状態続く、良くならないときは、大きな病気の可能性も。

手の冷えがあまりにも気になったときは、医療機関に相談してみることも大事です。

手の冷たさを改善するためには?

血流を良くしてあげることが、手の冷たさを感じる人にはもっとも大切なことになります。ほかにも、食事を工夫したり、冷やさないように隠すといった方法も。

ストレッチ

冷えを感じたら、手をぶらぶらさせたり、手指を積極的に動かしてみてください。直接手に刺激を与えることで、末端まで血行を促進することが可能です。また、可能ならば足も一緒にぶらぶらと動かすと、全身の血の巡りを良くすることができるのでおすすめ。

体を温める食べ物や飲み物を摂る

冷えは、体の外からだけでなく内側からも温めることが大切。温かい食べ物や飲み物はもちろん、体を温めるといったことにも注目してみましょう。おすすめは、人参やレンコンといった根菜。生姜なども体を温めてくれます。

飲み物は、ココアや紅茶などがおすすめ。反対に、コーヒーや緑茶は体を冷えやすくしてしまうため、温かくてもなるべく避けましょう。

足湯

足湯は、温度によって血流をあげることはもちろん、適度な水圧で末端まで血を流せるため、体温をあげるのに効果的。ポイントは、くるぶし内側の1番上から指3本の幅を上がったところにある三陰交(さんいんこう)という冷えのツボを温めること。

バケツに40~42度くらいの少し厚めのお湯を張り、足首でしっかりと温めましょう。普段シャワーが基本で、入浴の時間があまりない人にもおすすめ。

首や手首、足首を隠す

冷えが起こる要因の1つとして、太い動脈が通っている首や手首、足首といった箇所が冷えることで、体が冷えてしまうことがあります。全身を温めることも大事ですが、これら3つの首を温めるのが大きなポイント。

寒い時期は、なるべく厚めの靴下を履いたり、手袋を着用したり、マフラーを巻いたりと、工夫してみましょう。

関連する記事

つらい太ももの冷えを改善して、健康的な生活を送ろう。

太ももが冷えてくると、血行が悪くなります。全身が冷...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法

体が冷える原因とは?改善して、不調知らずに。

体の冷えは、放っておくと慢性的な不調をきたす原因に...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法