腕の疲れを癒すマッサージ法とは?ストレス解消にも効果的。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 身体の部位別マッサージの方法

デスクワークが続くと、腕や肩まわり、手が凝り固まってだるくなったり、痛みを生じる場合も多くあります。筋肉は凝ると硬くなり、次第に動かしづらくなってしまうので、コリを感じたら早めにケアしてあげることが大切。

ケアの方法として、マッサージが手軽でおすすめ。リフレッシュしたいとき、疲れが溜まってきたなと感じたときにマッサージすると、パフォーマンスの向上にもつながります。

また、腕のマッサージには腱鞘炎を予防する効果も。手や指の使い過ぎで腱鞘炎になると、手や指を使う全ての動作が困難になります。腕のマッサージは、ちょっとした隙間時間でできるので、仕事や日常生活を快適に過ごせるようマッサージを取り入れてみましょう。

腕のマッサージで、肩こりも解消

腕のマッサージをすることで、肩から腕にかけて血行が良くなり、筋肉の柔軟性が増して痛みや疲れを解消してくれる効果が期待できます。腕のマッサージ方法にはいくつか種類があるので、取り組みやすいものから実践してみてください。

ツボ押しによるマッサージ

腕の疲れ解消に効く代表的なツボを3つピックアップ。実際に押してみましょう。

まず、1つめは合谷(ごうこく)です。手の甲側の親指と人差し指が合わさる部分に位置しています。内側を反対の手の親指で押しこむように刺激しましょう。腕の疲れだけでなく、ストレス解消、頭痛、肩こり、風邪予防にも効果を期待できます。

2つめはのツボは、労宮(ろうきゅう)です。手のひらの真ん中に位置しています。反対の手の親指で強めに押しましょう。自立神経や胃腸の働きにも有効。

3つめのツボは、曲池(きょくち)です。片方のひじを曲げたときに、ひじの内側の合わさった部分に位置しています。内側を押し込むように揉んでください。手や腕のコリをほぐすうえで最適です。

水かきのマッサージ

両手の親指と人差し指の間にある、水かきの部分を直角になるように合わせて、押し合いながらするマッサージ。他の水かき部分も同じようにおこなってください。水かきの部分を刺激することで、ホルモンのバランスを整え、腕の関節を滑らかにしてくれる効果を期待できます。

腕ずりマッサージ

机の上に片腕を置き、もう片方の手で板摺りをするようにゴリゴリとさすっていくマッサージ法です。手のひらを上や横などいろいろな方向に変えながらおこなってください。手や腕の疲れを取るだけでなく、自律神経の乱れを整えて、気の流れを良くしてくれる効果も。

手首・指反らしマッサージ

片腕を伸ばして、手のひらが上になるようにします。反対側の手で指先を押さえて、下の方に向かって手首を反らせるように押してください。手のひらを下にして、下に向かって曲げる方法もあります。手や腕のコリを解消し、リフレッシュ効果の高いマッサージです。

手の疲れを取るマッサージ

気の経路と言われる、爪の両サイドをつまんで揉んでみましょう。とくに爪の付け根を揉むと気の流れが良くなって、手の疲れが取れるだけでなく、自律神経にも良いと言われています。仕事中のリフレッシュにも。

プロによる施術もおすすめ

疲れの解消に即効性を求める、という人にはプロによる的確な施術を受けることもおすすめ。大手の整体サロン、カラダファクトリーでは腕の疲れをケアできるコースも用意されています。腕だけでなく全身の疲れやコリをケアでき、施術後は体が軽くなる、と好評です。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

関連する記事

美尻に効果的なヒップアップマッサージ。入浴後10分を習慣にしよう。

ヒップアップしたいなら、筋トレや運動といったエクサ...

2019年07月24日, 身体の部位別マッサージの方法

リンパを流して、疲れも癒す。下半身のマッサージ法。

立ちっぱなし、座りっぱなし、など長時間同じ姿勢を続...

2019年07月24日, 身体の部位別マッサージの方法

足首のマッサージ方法とは?くるぶしをほぐして、むくみ解消効果も。

夜になると脚がパンパンになる、むくみがひどくて1サ...

2019年07月24日, 身体の部位別マッサージの方法