足や足先が冷える原因とは?体を温めて、血行を促進させることがカギ。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別の冷え解消法

冬はもちろん、年中足や足先が冷えると悩んでいる人も多いはず。足の冷えを始めとした冷え性は、多くの女性が悩む症状です。ときには痛みをともなうこともあり、温めてもなかなか温まらない人も。足が冷えてしまうとき、一体どのように対処することが大事なのでしょうか?解消のポイントは、とにかく体を内側から温めることです。

足、足先の冷えとは?

足は、人間の体で下にある部分。血液の循環の際に、重力に逆らって血液を運ばなければいけません。そのため、脚の筋肉が鍛えられていないと血流が悪くなり、冷えを引き起こしてしまいます。

末端である足先が冷える場合は、血流の悪さが原因。末端の血管はもともと細く、血液が流れにくい部位でもあるため、冷えを感じやすい部分です。そのため、血流が悪くなると余計に冷えてしまいます。

足裏が冷える場合は、末端の冷えと同様に血流が悪くなっている場合のほかに、内臓の冷えが原因となり、足裏の冷えにつながっている可能性もあります。

足や足先が冷えてしまう原因

多くの場合、血行不良になることが冷えの大きな原因。さまざまな要因が重なり、足や足先の冷たさを引き起こしているのです。

寒い環境

手や足が冷える場合は、血行不良が原因となっている可能性が高い傾向にあります。外の温度が低下すると、人間の体は臓器を守るために、体温を内臓優先にしようとします。そうすると、血液が手や足といった末端まで十分に行き渡らなくなり、手や足先が冷たくなるのです。

冷え性になる人は、もともと血行が悪いことが多いため、冷えを感じやすいことも。

筋肉が少ない

冷えを引き起こす原因になっている血流の悪さは、筋肉も関係しています。

女性に冷え性が多い原因の1つに、男性と比べて筋肉量が少ないという原因もあります。また、皮下脂肪が多いことも要因の1つ。皮下脂肪は1度冷えるとなかなか温まらなくなってしまうのですが、筋肉があることで代謝が上がりやすく、体温も上昇していくのです。

長時間同じ姿勢をとり続けてしまうと、筋肉も衰えてしまうため、代謝が上がりにくく、血行も悪くなります。

ストレスによる自律神経の乱れ

ストレスで自律神経が乱れることも血行不良を起こす引き金になります。自律神経が乱れることで交感神経が優位に働き、筋肉は緊張状態に。

長時間この状態が続くと、血管も縮こまったままになってしまうので、血流が悪くなってしまい、冷えへとつながってしまうのです。

足が冷えるときの対処法とは?

ほとんどの場合、冷え性は生活習慣を見直すことで解消することができます。足の冷えを緩和するためには、なによりも温めることが大切。

適度な運動を

血行を促進させるためには、体を動かして全身の血の巡りを良くする必要があります。そのためには、適度な運動が大切。

たとえば仕事中なら、1時間に1回は席を立ち体を動かす、通勤時なら階段をなるべく使う、家にいるならストレッチなどを定期的にやるなど、日常に組み込めるものから工夫しておこなうのがおすすめです。

ストレスを溜めない

冷えは自律神経の乱れも関係しているため、日頃からストレスを溜めない工夫をすることが大切です。

忙しくても、なるべく週に数日は趣味に没頭する時間を作る、親しい人と食事に行く、家に帰ったら仕事のことは忘れるなど、自分を楽しませることを率先しておこないましょう。

ぬるめ温度で入浴

入浴で体を温めるのも効果的。水圧によって血行が促進されたり、リンパが流れるようになったりとメリットも大きいのです。

ポイントは、ぬるめのお湯に長時間浸かること。38~40度が目安。副交感神経も優位になりやすく、ストレスの解消にも効果があります。また、入浴中に足のマッサージをするのもおすすめ。ふくらはぎや足先、また足裏をしっかりとほぐすように揉んでみましょう。

食事は温かいものを摂る

できるだけ熱を逃さないことを意識するのが、1番の冷え対策になります。たとえば、食べ物や飲み物はできるだけ温かいものを摂るようにする、といったこと。冷たい食べ物や飲み物は、内側から体を冷やしてしまいます。

普段から常温、もしくは温かい食事を心がけておくだけでも、体温の低下を防ぎ、冷えを軽減することができます。

衣類で冷えを予防

洋服の着こなしで、体の熱を下げないことも有効です。抑えておきたいポイントとしては、首や手首、足首を必ず冷やさないようにすること。座って作業するような仕事の場合には、ひざ掛けを使用すると体の熱が逃げにくくなるのでおすすめ。

また、レッグウォーマーや5本指ソックスなどもおすすめ。ソックスは重ねて履くと温かさがアップしますが、血行が悪くなる場合もあるので注意が必要です。

ふくらはぎマッサージで美脚と足の冷えを撃退

ふくらはぎをマッサージすることで、血液やリンパの流れが良くなり、血行促進されます。老廃物が排出されやすくなるため、むくみの解消にも効果的です。また冷え性の改善以外にも、基礎代謝が上がるので痩せやすい体作りにもなり、メリットも多数。

毎日お風呂上りに、5分程度ふくらはぎ全体をもみほぐすようにマッサージしましょう。

アルコールは控えめに

アルコールを摂取すると、一時的には体がぽかぽかと温まる感じがしますが、実はアルコールは冷え性対策としては逆効果。

大量の水分が消費されて血液濃度が濃くなるため、血行が悪くなりかえって冷えを招いてしまうのです。即効性には優れていますが、結果的にはアルコールは冷え対策にはならず、むしろ悪化させてしまうので、控えたほうが無難です。

足先の冷えにはカイロも

足先の冷えが辛いときには、防寒グッズに頼るのも1つの手。裏起毛になっている靴下やウール素材のものなど、冬に活用する素材の防寒グッズを活用してみましょう。靴下に貼るタイプや靴に忍ばせておけるカイロは、直に足先を温められるので冷えがひどい場合におすすめ。

関連する記事

背中の冷え、なぜ起こる?肩こりといった不調の原因になっている可能性も。

背中などの胴体の冷え。体がゾクゾクするのに熱はない...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法

二の腕が冷たいときは、内臓が冷えている?適切な対策が大事。

暑い季節でも腕が冷たい、冬になると手足の先だけでは...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法

手が冷える理由とは?ストレスを減らす、筋力をつける、温めることが大事。

女性に多い、手や足の冷え。手が冷たいと、動かしづら...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法