目の筋肉痛とは?疲れ目の解消には、睡眠と血行促進がカギ。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

目の筋肉痛は、目が疲れることで起こります。とくに目の奥が痛む場合、筋肉(外眼筋)が傷ついている状態です。疲れ目の不快感が原因で自律神経のバランスが崩れると、ドライアイになる場合も。

ここでは、目の筋肉痛について症状や解消法をおさえ、疲れ目に悩まない毎日を送りましょう。

目の筋肉痛になる原因

目の筋肉痛と聞くとあまり想像できないかもしれませんが、一般的には疲れ目と言われている症状です。眼球は6本の筋肉で支えられており、しばらく眼球を動かさない時間が続くことで周りの筋肉が疲労し、眼球を支える機能が低下することによって、目の筋肉痛になります。

おもな症状

おもな症状は、目のかすみ・痛み・充血などが代表的で、症状が悪化すると頭痛や吐き気、肩こりが起こるケースも。疲れ目による不快な症状がストレスとなって自律神経のバランスが乱れると、不眠や軽いうつの症状が出る場合もあり、疲れ目は放っておかず解消する必要があります。

目の筋肉痛を解消させる方法

疲れ目の解消には、睡眠と血行促進が有効です。ここでは、目を動かすストレッチなども紹介するので、早速日常生活に取り入れてみましょう。

最低6~7時間の睡眠をとる

十分な睡眠とバランスの取れた食事を取ることは、目の疲れの解消に役立ちます。

睡眠は、最低6~7時間確保することが理想です。目を閉じた状態では眼球が上を向くので、筋肉にとってはリラックスした状態。まぶたを閉じると少し光が感じられますが、熟睡した状態になると黒目がまぶたの上にいくので光を感じなくなります。光を感じないことも、目のリラックスには重要です。

かすみを解消するには、温めて血行促進を

パソコンやスマホの画面を長時間見ることによって、目の血管に異変が起こり血行不良になります。目が疲れてかすむ・普段よりも強くまばたきをする、と感じたら血行が悪くなっている可能性が高いので、目の周りをホットタオルで覆って血管を広げましょう。血管を広がると血行が良くなるので、疲労回復を期待できます。

一方、充血は眼球が炎症を起こすことで発生する症状なので、冷たい水で絞ったタオルで目を冷やすことで症状を抑えることが可能です。よく目が充血する人は、あらかじめ冷蔵庫に絞ったタオルを数本冷やしておくのもおすすめ。

入浴も目の疲労回復に効果的

目の筋肉痛になると視界が悪くなり、不快な気持ちやストレスの原因に。ストレスが溜まるとまばたきの回数が減り、目に掛かる負担が増えるので、目を潤わせることが必要です。

入浴中は温かいお湯に浸かることで、浴室の水蒸気が目を潤わせてくれるため、目の血行が良くなり疲労回復とリラックス効果を期待できます。

眼球を動かすストレッチ

目が疲れている原因は眼球の周りにある筋肉の疲労によるので、筋肉をほぐすことが疲れ目の解消に有効です。

動かし方は、頭を動かさないように真っ直ぐ前を見て、目を右左上下の順番に動かします。この動作を仕事や勉強などの休憩中に、2~4回おこなうことで眼球周りの筋肉をほぐすことができます。

30分毎におこなうのが理想ですが、あまり時間が取れない場合は1~2時間ほどのペースで動かしましょう。

関連する記事

相模原の足裏・リフレクソロジーサロン5選。リラックスしながら疲労回復しよう。

リフレクソロジーサロンを選ぶときのポイントは、サロ...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

PMSで食欲が増えてしまう理由とは?上手にコントロールして、乗り越えよう。

PMSは、多くの女性が悩む悩み。生理前のホルモンバ...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

首と背中、同時に痛みが生じる原因とは?姿勢の悪さや運動不足の改善がカギ。

約5kgの重さがある頭を支えている首。前かがみの姿...

2019年07月18日, ボディーケア&治療