手や指にあるツボとは?ストレスや花粉症を緩和する効果も。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別:ツボ押しの秘訣

手や指は重要なツボの宝庫と言われており、さまざまな症状に効果のあるツボがたくさんあります。疲れが溜まって調子が出ない、なんとなく具合が良くない、といったときに手軽に押せるツボをおさえて、ケアに役立てましょう。

労宮(ろうきゅう)

労宮を刺激することで血行が促進されて、緊張を和らげ、ストレスを緩和する効果を期待できます。自律神経の乱れを整えてくれるので、イライラや不安な気持ちを落ち着かせたいときにピッタリ。

場所は手を軽く握ったとき中指が手のひらにつくところに位置しています。

押し方

親指で労宮のツボを息をゆっくり吐きながら、少し強めの力で押しますしょう。左右どちらも10回程度おこなってください。

押すと痛い場合の原因

押すと痛い場合の原因は、ストレスが溜まっていることが考えられます。リラックスできる時間を確保し、自分なりの発散方法を持つことが大切。

少商(しょうしょう)

少商はヒステリーやイライラを抑えるツボで、花粉症の症状改善にも効果的。アトピー性皮膚炎や喘息、がんや脳卒中、のどの痛みなどを和らげるうえでも有効。良い声が出やすくなる効果もあるので、カラオケの前にもおすすめ。

場所は、親指の爪の付け根部分の外側にあります。

押し方

反対の手の親指と人差し指でツボをつまんでください。親指と人差し指で上に引っ張りあげるような感覚で、ツボを刺激しましょう。左右交互に20回程度を目安としておこなってください。

押すと痛い場合の原因

押すと痛い場合、血流の流れが悪くなっていることが考えられます。爪の色が良くない、形が少し変形しているなど異変がないか、でチェック可能です。血行促進のために水泳やウォーキングなどで汗を流してみるのもおすすめ。

手心(しゅしん)

手心は腸の働きや血液の流れを良くしてくれるツボです。動脈硬化や心臓病の予防、緊張を和らげる効果も。場所は手のひらのちょうど中心にあります。

押し方

親指で手心のツボを、残りの手を手の甲からつかむようにして持ちます。息を吐きながら5秒かけてツボを押し、5秒かけて息を吸いながらゆっくり力を弱めましょう。左右交互に20回程度おこなってください。

押すと痛い場合の原因

押すと痛い場合、高血圧や血流の乱れが関係している可能性も。塩分を減らし、栄養のバランスを考えたメニューを3食きちんと摂るようにしましょう。

中衝(ちゅうしょう)

中衝は眠れないときに押すと安眠のツボに、眠気が起きた場合に押すと眠気防止の効果を期待できます。心臓の働きを良くし血行を促進してくれる効果も。場所は中指の爪の付け根部分の外側です。

押し方

中指の両端の爪の付け根部分を反対の手の親指と人差し指でつまみましょう。親指と人差し指で上に引っ張りあげるような感覚でツボを刺激してください。左右交互に20回程度おこないましょう。

押すと痛い場合の原因

押すと痛い場合、睡眠不足が原因として考えられます。就寝前にはアルコールやカフェインの入った飲み物の摂取、スマホの使用を控えるようにしましょう。

関連する記事

足裏のマッサージ法5つ。ツボを刺激して、体の不調を整えよう。

足の裏は第2の心臓と言われ、歩くと足裏の筋肉がポン...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣

体の不調に効く背中のツボとは?ほぐしてコリを改善しよう。

風邪の症状や睡眠不足、肩こりなど、辛い症状に悩まさ...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣

上半身にあるツボとは?疲れや肩こり・冷えなどの不調を解消しよう。

WHOによると、ツボの数は全身に361あると定めら...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣