ダイエットに効くツボとは?ストレスやイライラを解消する効果も。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

ダイエットの方法としては食事制限や運動が一般的ですが、さらにダイエット効果を高めるならツボ押しもおすすめ。ツボを押すことで食欲やイライラを抑えて、ダイエットをサポートしてくれます。

ここではダイエットのツボを厳選して紹介するので、ダイエットに役立ててみてください。

地倉(ちそう)

地倉のツボを押すことで胃の温度が下がり、食欲の抑制に効果的なツボです。むくみやシワ、たるみにも効果があり美容に良いツボとしても知られています。

場所は、口の両端から1cmほど外側です。食事の10~15分前におこなってください。

押し方

地倉のツボを人差し指で押さえながら外側に(斜め上)持ち上げるようにして押します。片方ずつもしくは両方同時に、1分程度を目安に息を吐くタイミングで3~5秒押しましょう。

押すと痛い場合の原因

地倉を押すと痛い場合、胃や腎臓や肝臓の不調、不規則な生活習慣でホルモンバランスが乱れている可能性があります。規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

飢点(きてん)

飢点は食べる前に押しておけば脳の満腹中枢が刺激されて、不必要に食べ過ぎることを防げるツボです。新陳代謝が促進されるので血行が良くなったり、脂肪が燃焼しやすい体質へと改善される効果も。

押し方

耳の前側(付け根)にある突起部分の真ん中よりやや下部を指で押します。左右同時に約1分間程度、深呼吸をしながら息を吐いた際にやや強めに3~5秒押してみましょう。

押すと痛い場合の原因

飢点を押すと痛い場合、内臓が弱っている可能性があります。食事や生活習慣を見直してみてください。

胃・脾・大腸区(い・ひ・だいちょうく)

胃・脾・大腸区のツボは、食事前や空腹時に押すことで食欲を抑える効果があります。消化器系の内臓を刺激できるので、便秘解消にも有効です。

押し方

人差し指の真下(親指の付け根部分)から生命線に沿うように指でグイグイと3~5秒押しましょう。優しく刺激してしまうと食欲増進につながってしまうので、やや手のひらが赤くなるぐらい強めになるよう、両手交互に1分ぐらい押すのがポイント。

押すと痛い場合の原因

胃・脾・大腸区を押すと痛い場合、ストレスにより自律神経が乱れていることが原因として挙げられます。自分なりの発散方法を見つけて、できるだけストレスを溜めこまないことが大切です。

神門(しんもん)

ストレスは暴飲暴食の原因にもなるダイエットの敵。少しでもイライラを解消するために、神門のツボを押しましょう。リラックス効果以外にも不眠や便秘に有効なツボです。

場所は、手首を曲げたときにできるシワを親指側から小指側へなでていき、骨のでっぱりがある手前で止まる場所が神門です。

押し方

神門を人差し指で押し、手首の下側を親指で支えるようにすると押しやすくなります。2分程度、深呼吸をしつつ息を吐くときにちょっと強めの力で押しましょう。

押すと痛い場合の原因

神門を押すと痛い場合、血流が悪くなっている、ストレス過多の状態であることが可能性として考えられます。適度な運動や十分な睡眠などを心がけてください。

関連する記事

スポーツマッサージとは?怪我を予防し、疲労回復を助ける裏ワザ。

スポーツを熱心にするあまり怪我をしてしまった経験が...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

腸に良い食べ物とは?運動や生活習慣の改善もポイント。

第2の脳と呼ばれるほど、人間のメンタル部分に影響を...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

寝起きで体温が高い原因とは?睡眠不足、自律神経が乱れているかも。

体温は健康のバロメーターとして、体の状態を知るうえ...

2019年07月18日, ボディーケア&治療