目のツボとは?疲れ目、花粉症による不調を解消する効果も。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別:ツボ押しの秘訣

仕事でパソコン画面を1日中見ている、スマホが片時も離せない、といった人も多いはず。視力低下、ドライアイ、頭痛から肩こりまで、目を酷使することで起こるトラブルは多岐に渡ります。

目の疲れが蓄積されてしまうと、肩や腰など全身の不調につながる恐れも。目が疲れたら休ませるのが1番ですが、ツボを押すことでも症状を大幅に緩和することが可能です。ここでは代表的な目のツボをおさえて、気が向いたときにツボを刺激して目の疲れを少しでも緩和しましょう。

攅竹(さんちく)

攅竹は目の疲れ全般に効果があると言われています。目の不調以外にも頭痛や三叉神経痛、腰痛などの症状の緩和に有効。場所は眉頭を押したときに少しくぼんでいるところです。

押し方

中指を使って左右の攅竹のツボを少し上に押し上げるような感じで刺激しましょう。3分間を目安におこなってください。目の周りのツボなので、あまり強めに刺激しすぎないよう気をつけましょう。

押すと痛い場合の原因

攅竹を押すと痛い場合は、目が疲れていることが要因として考えられます。スマホやパソコンの画面を見続けることが多い人は、休憩をしっかりとって目を休ませることを意識しましょう。

睛明(せいめい)

睛明を刺激すると血流が良くなって目の疲れや充血、ドライアイなどに効果的なツボです。目のトラブル以外にも鼻水や鼻づまり、花粉症による目の不快感などにも有効。場所は目頭よりやや内側にある骨の付近の、くぼんでいるところにあります。

押し方

両方の中指で左右の睛明のツボを鼻筋に向かって押しましょう。強すぎない程度の力で、ゆっくりとマッサージするように押して離してを2分間繰り返します。

押すと痛い場合の原因

睛明を押すと痛い場合、目の周辺の血行が悪くなっていることが原因として考えられます。蒸しタオルや使い捨てのホットアイマスクなどを使って目を温めることで、血行が改善され、眼精疲労の回復にも。

風池(ふうち)

風池を刺激することで、目のまわりの血行を良くして眼精疲労に効果があると言われています。眼精疲労のほかに首こりや肩こり、頭痛などの症状改善にも有効。場所は後頭部やや外側のうなじの生え際あたりにあるくぼみです。

押し方

後頭部を両手で包み込むようにして両手の親指が左右の風池のツボにくるようにしましょう。親指を上の方に押し込むようにして、少し強めの力でツボを刺激するのがコツ。2~3分くらい、深呼吸しながらゆっくりとした動きで刺激してください。

押すと痛い場合の原因

風池を押すと痛い場合、精神的な問題が関係している恐れも。最近よく頭痛がするのであれば、ストレスをため込み過ぎている兆候です。十分な睡眠、栄養バランスの整った食事、リラックスできる時間を確保することから生活習慣を改善していきましょう。

太陽(たいよう)

太陽さえ押しておけば目に関係している病気は予防できる、と言われるほど効果の高いツボ。目の疲れ以外に、頭痛や顔面神経痛の症状緩和に有効です。場所はまゆげの外端と目尻の中間地点のややくぼんだところに位置しています。

押し方

テーブルにひじをつき、手のひらの手首に近い場所に左右の太陽のツボがあたるようにします。頭を少し左右に振るような動きをしながら、両手にぐいぐい押し付けるようにして5秒数えながらツボを刺激しましょう。

押すと痛い場合の原因

太陽の押すと痛い場合、目の疲れが溜まっていることが原因として考えられます。ほうれん草やブルーベリー、ブロッコリー、にんじんなど目の疲れに効果がある食べ物をとったり、目を休ませましょう。

関連する記事

足裏のマッサージ法5つ。ツボを刺激して、体の不調を整えよう。

足の裏は第2の心臓と言われ、歩くと足裏の筋肉がポン...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣

くるぶしのツボとは?優しく押して、むくみや老廃物を解消しよう。

足には、たくさんのツボがあります。くるぶしにもあり...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣

首のツボを押すことで不調の改善に。手軽にセルフケアしよう。

デスクワークの人や車の運転が多い人は、首の痛みや肩...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣