便秘に即効のツボとは?胃腸の調子を整える効果も。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

体には本来、食物を取り入れたら胃や腸で吸収し、大腸から直腸を通り排出されるというサイクルがあります。しかし便秘によって流れが止まってしまうと、細胞が生まれ変わるサイクルも変わってしまい、血液循環が悪化したり肌荒れの原因に。

ここでは便秘に即効のツボをおさえて、セルフケアに取り入れてみましょう。

天枢(てんすう)

天枢は便秘解消に効果的なツボとして有名で、腸の動きを整えてくれます。下痢にも有効です。場所は、おへその外側2寸になります。2寸は人差し指、中指、薬指までの3本の第1関節の幅です。

押し方

人差し指と中指を揃えて天枢にあてます。20秒くらいかけてゆっくりと円を描くようにやさしく押し込んでください。押し込んだら円を描きながら離していきます。これを3セットほど繰り返しましょう。

天枢は腸の動きにアプローチするので強く押すと痛みが出る可能性も。力加減に留意して、やさしく押しましょう。

大腸兪(だいちょうゆ)

大腸兪は、その名の通り腸の働きを良くする効果があります。腰の痛みに対しても有効で、腰痛のツボとしても有名です。

場所は第4腰椎棘突起下縁と同じ高さで、背骨の外方1寸5分になります。わかりやすく言うと、第4腰椎棘突起下縁は骨盤の一番高い位置と同じなので、そこを探してみてください。

ゴルフボールを使った押し方

ゴルフボールに仰向けに寝転がり、ボールが大腸兪の位置にあたるようにします。ゆっくりと円を描くように転がり、20秒ほど刺激しましょう。ゆっくり起き上がり、1呼吸着いたらもう1度刺激する、というサイクルを3セット繰り返します。

大腸兪は骨盤の骨が近いので、骨にあたらないように注意してください。

足三里(あしさんり)

足三里は体のなかで効果の高いツボのうちの1つ。胃腸まわりの調子を整えるうえで有効。松尾芭蕉が日本をまわるときにこのツボを刺激していた、と言われています。

場所は、ひざの真下にある外側のくぼみに親指以外の指4本分下がったところにあります。押したときにズーンとして響くような感覚がある部分です。

押し方

足三里に親指の腹をあてます。ゆっくりと円を描くように20秒ほどかけて押し込んでいき、押し込んだら離す、を3セットほど繰り返しましょう。

足三里は響く感覚の強いツボですが、足が軽くなる感覚も味わえます。気持ち良いと感じる強さで押すようにしましょう。

合谷(ごうこく)

合谷は万能ツボとも呼ばれ、胃腸の調子を整えるだけでなく、体に痛みがある場合に使用されることが多いツボです。場所は親指と人差し指の間で、少し人差し指側にとります。押した時に強く響く感覚がある部分です。

押し方

合谷の位置を親指と人差し指で挟むようにして押します。ゆっくりと円を描くように20秒ほどかけて押し込んでいき、押し込んだ後はゆっくりと離す、を3セットほど繰り返しましょう。

合谷は少しの力で響くため、やさしい力で押すようにしてください。強く押しすぎると、違和感が残る恐れがあります。

ツボを押したとき、痛みを感じる場合の原因は?

便秘に悩んでいる場合、ツボを押したときに痛みを感じる場合も。腸の機能が弱っていることが原因として考えられます。痛みの出るツボをしっかりと刺激することで、内臓を元気にし便秘解消に役立つので、やさしく押していきましょう。

また、便秘のツボは押すだけではなく温めることでも効果を感じることができます。お風呂にゆっくり浸かるようにしたり、カイロを使ってツボをピンポイントで温めるのもおすすめ。

関連する記事

ロミロミとは?治癒力アップで心と体の疲れをリセット。

近年、メニューにロミロミがあるマッサージ店が増え、...

2019年07月18日, マッサージ

全国展開マッサージ店のクーポン情報:お得に体のコリをほぐそう

肩こりなど体のコリで悩んでいる方は、マッサージ店で...

2019年07月18日, マッサージ

マッサージの効果とは?腰痛を治療し、細胞の活性化に有効。

ボディケアの一環としてセルフマッサージをしたり、マ...

2019年07月18日, マッサージ