二の腕にあるツボとは?老廃物を流して、引き締める効果も。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別:ツボ押しの秘訣

いつのまにか二の腕がタプタプしてしまって、どうにかしたい、と悩んでいる人もいるはず。筋トレはなかなか長続きしない、というときに場所を選ばず手軽にできるツボ押しがおすすめ。

ここでは、代表的な二の腕のツボを取り上げ、効果や押し方を紹介します。記事を読みながら、実際に心地よい力で押してみましょう。

二の腕のツボ

どのツボも、ゆっくりと息を吐きながら押し、ゆっくりと息を吸いながら指を離してください。1回1~2分、1日3回程度を目安に刺激しましょう。お酒を飲んだ後、食後すぐ、生理中は控えた方が良いと言われています。

入浴中など、体が温まっている状態でおこなうと効果を実感しやすいです。ツボを押す以外にも、揉んだり、トントンと軽く叩く方法も。強い力をかけ過ぎてしまったり、同じ場所をずっと刺激すると筋肉を傷つけてしまう恐れもあるので要注意。

臂臑(ひじゅ)

二の腕に溜まった老廃物の排出を促し、引き締めに効果的なツボです。腕や手の痛み・しびれにも有効。二の腕のたるみを解消したい人は積極的に押してみましょう。

場所は腰に手を当てたときに、?字に曲がっている腕の付け根の三角筋が現れる部分。三角筋の先端のやや内側に位置します。

肱中(こうちゅう)

臂臑と同じように、二の腕に蓄積された老廃物をスッキリさせてくれるツボ。このツボは比較的新しいツボで、他のツボよりも即効性が期待されるツボとされています。

場所は、腕の付け根の部分とひじの内側を結んだとき、真ん中あたりの骨の内側に位置しています。押すと痛みを感じる部分。臂臑に親指をあてて、肱中に人差し指をあてることで、2つのツボを同時に押すことができます。手首を90度に曲げてゆっくりとまわすと、さらに効果的。

曲池(きょくち)

腎臓の働きを活性化させて、老廃物の排出が促されるため、二の腕の引き締め効果を期待できるツボです。肌の調子を整えてくれる効果も期待でき、肌荒れやニキビなどの肌トラブルにも有効。

曲池は見つけやすいツボの1つで、手を前に伸ばして曲げ戻したときにできる、ひじのシワの外側の先端に位置します。

手五里(てごり)

二の腕のだるさ、疲れの解消に効果的なツボです。刺激することで血行が良くなり、新陳代謝もアップ。肌荒れ解消にも有効だと言われています。場所は、曲池から肩の方向に指4本ほど離れた位置。

ツボを押すと痛い場合の原因とは?

ツボがある場所に老廃物が溜まっていると、痛みを感じることがあります。また、効果を期待し過ぎて、ツボを強く押し過ぎると逆効果になることも。強く押してもいないのに痛みがあったり、のぼせるようなときはツボ押しを中断してください。

つぼ押しは一度押しただけで効果が出るわけではありません。少しずつで良いので、毎日の習慣に取り入れておこなうことが大切。簡単だからと1日に数十回押す人もいますが、押せば押すほど効果があるというものでもないので、ほどほどで抑えておきましょう。

関連する記事

体の不調に効く背中のツボとは?ほぐしてコリを改善しよう。

風邪の症状や睡眠不足、肩こりなど、辛い症状に悩まさ...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣

膵臓に効くツボとは?疲労回復や体の痛みにも効果的。

膵臓は血糖値を下げるインスリン、膵液という食べ物を...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣

鎖骨にあるツボとは?首や肩こりの解消、呼吸機能を改善する効果も。

デスクワークで悩みがちな症状に肩こりや腰痛がありま...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣