首の冷えは全身に影響する?積極的に温めると、血流も改善していく。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別の冷え解消法

首が冷えてしまうと、肩こりや頭痛といった症状が出るだけではなく、手足の冷えを引き起こしてしまったり、全身が冷えてしまったりと、さまざまな冷えの症状につながってしまいます。冷えがなかなか良くならないという人は、首を温めることで解消できるかもしれません。首を温めて、冷え対策をしましょう。

なぜ首が冷えると、全身の冷えにつながってしまうのでしょうか?

首の冷えが起こる理由とは?

首の皮膚は薄く、太い動脈もあるため、外気温の影響が大きい部位。首が冷えてしまうことで冷えた血液が全身へ流れ、全身の冷えにつながってしまうのです。

しかし反対に、積極的に首を温めることで冷えを防ぐことに非常に効果的と言えるのです。効率良く体を温めることができるので、冷えに悩んでいる人は首を中心に温めるのがおすすめです。

冷えに効果のある3つの首って?

首と手首、足首の3つを首を温めることが、冷え性の改善に効果的だと言われています。

首だけではなく、手首や足首にも大きな動脈が皮膚のすぐ下にあり、その部位が冷えてしまうことで全身が冷えてしまうのです。また、この状態になると体は内臓を温めることに集中してしまい、手足への血液循環が悪くなってしまうことも。

太い血管が冷えることで、指先の冷えにもつながります。冷え性の人はなるべく3つの首を外気にさらさないようにしましょう。

冷えを改善するには?

首を隠すことはもちろん、内側から改善していくことも大事。冷えは、血流を良くすることがポイントです。

洋服は、首を隠すものを選ぶ

冬はタートルネックやマフラーなどで首をおおってみましょう。室内では、ブランケットを肩からかけたりするのもおすすめです。手首を温めるためには、手袋やアームウォーマーなどもありますが、手首を動かしたり手を開いたり閉じたりするマッサージもおすすめ。血流をよくすることができます。

また足首は、靴下やレッグウォーマー、足湯もおすすめ。内くるぶしから指3本分上にある三陰交(さんいんこう)というツボをを刺激するのも冷えに効果的です。

体を温める食材を食べる

首を隠すのはもちろん、内側から温めることも大切。野菜では、ニンジンやカボチャ、玉ねぎ、山芋などが、体を温める食材です。肉や魚類では、鶏肉や羊肉、サバ、鮭、たらなどが体を温めることをサポートしてくれます。

豆類やシナモン、にんにく、生姜といったの香辛料の入った料理もおすすめ。体を温める食材を積極的に摂るよう心がけることがポイントです。

運動をする

運動で全身の血流を良くすることは、冷えを改善するためにはかなり重要。毎日通勤や通学の際には、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使うなど、日々の生活で工夫してみましょう。

また、1日に1回はウォーキングなどの軽い運動を30分やると、冷えに効果的です。

関連する記事

股関節と冷えの関係とは?固まった股関節をストレッチでほぐそう。

女性は男性と比べて熱の発生源である筋肉量が少ないこ...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法

腰の冷えは、血流の悪さが原因?体を冷やさないようにすることが大切。

冷えといえば手足、と考えられがちですが、腰あたりの...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法

冷え胸を放置していると、バストの形が崩れるかも。自宅でできるセルフケア方法とは?

冷え胸とは、その名の通りバスト周辺が冷えてしまって...

2019年09月24日, 部位別の冷え解消法