妊娠中に整体へ行っても大丈夫?注意点を把握しておこう。

妊娠中に整体へ行っても大丈夫?注意点を把握しておこう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 整体

妊娠中は、お腹が大きくなる、またホルモンの影響によってむくみや肩こり、体のゆがみなどの不調が起こりやすい時期。通常であれば、整体や運動などを取り組むことで改善が期待できます。しかし、妊娠中でも適度な軽い運動であれば問題ないのは知っているものの、整体は問題ないのかが気になる人も多いはず。

妊娠中に整体を利用することは可能なのでしょうか?注意点なども合わせて解説します。

妊娠中に整体へ行っても大丈夫?

妊娠中でも整体で施術を受けることができます。妊娠中といっても、安定期と言われる妊娠16週目以降から32週目までであれば可能です。

妊娠中は、体の内側・外側の両方に変化が起こるため、さまざまな不調やトラブルが起きやすい時期ですが、母子ともに安全が必要なので、薬などが制限されたり、運動が思うようにできなかったりと、妊娠していない頃と異なり、解消する方法も限られてしまいます。

心身ともにストレスを緩和していくための方法に、整体を活用してみましょう。

妊娠中に起こる体の変化とは

妊娠によって起こる変化として、まず体が変わります。大きくなっていくお腹に合わせて骨格や筋肉の位置が変化。体のバランスが崩れ、肩こりや腰痛などの痛みといった症状が起きます。

それ以外にも、リラキシンと呼ばれるホルモンの影響によって関節が緩んでしまうことも。バランスが悪く筋肉へ負担がかかってしまったり、負荷がかかる筋肉が均等でなくなると、骨盤のゆがみにつながってしまう可能性が上がります。

また体だけでなく精神症状も起きやすく、痛みやこりなどの症状が増えることで、心の負担も増えてしまう場合も。

赤ちゃんに影響は?

安定期で、施術中にお腹へ負担をかける体制をとらなければ、赤ちゃんに大きな影響はないと言われています。また妊娠中に良くない部分を刺激しないよう、施術の際に伝えておくことも大切です。

整体で施術を受けるときに注意するべきこと

妊娠中で利用する整体は、施術時の体調や体制に十分注意しましょう。普段よりも動きを制限する必要があるため、1回で不調を取り除けない、力が弱いなどと思うように効果が実感できない場合があります。

しかし、1番大事なのは自分自身の体をお腹の赤ちゃん。ゆるやかに不調を改善する気持ちで整体を利用するようにしてください。

体調を考慮して

安定期であれば整体に行っても大丈夫ですが、体調が優れない場合は避けましょう。不調を解消するために整体を利用することは問題ありませんが、体調が悪いときに施術を受けるとさらに悪化してしまう可能性があります。

また妊娠中は体の変化が起きやすいため、施術中に体調が悪くなってしまうことも。その際は無理してすべての時間は受けず、途中で中止しましょう。

体の状態が落ち着いて、安定しているときや気分が悪くないとき、また症状があらわれていないときが最適です。

施術時はお腹に優しく

腰への施術の際、通常はうつ伏せになっておこないますが、お腹へ大きな負担をかけてしまうため必ず避けてください。またそれ以外にも、無理な体制で施術を受けていると感じたときは、施術者に伝えましょう。

かかりつけの医師に相談してから

整体を利用するときは、かならず行く前にかかりつけの産婦人科医へ相談してからにしましょう。お腹の状態や体の調子などを考慮して、利用できるかどうかを適切に判断してくれるため、安心です。

関連する記事

肩こりを整体で解消する。その効果とは?歪みを正して、根本から改善。

肩こりは、長時間のデスクワークやスマホの使用で生じ...

2019年07月25日, 整体

整体でダイエットできる?痩せるためのポイントとは。

体の不調を改善するために利用する整体は、ダイエット...

2019年07月18日, 整体

整体の最適な頻度とは?体の不調を根本から改善するために。

疲労回復や不調改善のために利用される整体ですが、ど...

2019年07月18日, 整体